新着情報

◆2015/11/06
美容室ではたらく人たちの気になる給与事情の情報を更新しました。
◆2015/11/06
美容室に面接に行くときに気を付けるポイントとは?を新規投稿しました。
◆2015/11/05
「理容師」と「美容師」の違いって?を新規投稿しました。
◆2015/11/04
「理容室」と「美容室」の違いって?を新規投稿しました。
◆2015/11/03
未経験でも美容室で働ける?を新規投稿しました。

美容室ではたらく人たちの気になる給与事情

綺麗な美容室でバッチリ決めた格好で、毎日楽しそうにキラキラしている「美容師」。そんな傍目からみると羨ましく憧れる職業で、素敵な格好から給料も良いようにも見えますが、美容業界は思っているほど甘いところではないというのが美容師の本音。
日々頑張る美容師の給与はいったいどれくらいなのでしょうか?キャリア別にくわしくご紹介いたします!

スタイリスト

お客様に1番近い立場であり、主にヘアカットなどの施術を行なうのがスタイリスト。美容室の人気が出るかどうかはこのポジションの腕や接客にかかっているといってもいいほど重要な立場であり、美容室求人をかける際にもっとも力を入れる職業でもあります。
qwehry
そんなスタイリストの給料は、平均すると「年収250〜300万円」。
企業に勤めるサラリーマンと同じかそれ以下といった結果に。また、地方の個人美容室は平均を下回るという場合もあります。

アシスタント

シャンプーやブロー、パーマやカラーのお手伝いや掃除などの雑用をこなす、スタイリストのサポート的存在の職業です。ほとんどのアシスタントはスタイリストのたまごであることが多く、営業終了後にカットの練習で技術を上げてやがてスタイリストにレベルを上げていきます。

アシスタントの給料は、平均で「年収160〜200万円」。初任給は13万円〜と低い傾向にあります。時給制せあることも多く、アルバイト並みの所得である場合も多いです。

オーナー

≪開業タイプ≫

独立し自分で開業する場合、その年収にもそれぞれで大きな差があります。そのため平均を出すことはできませんが、安定した美容室だと「年収350万円〜」といった場合が多く、成功すると年収1000万円以上となることもあります。

≪雇われ店長タイプ≫

フランチャイズなどの店長の場合は会社から給料が決められている場合がほとんどで、平均すると「年収350〜400万円」ほどです。そこからお店の売り上げに応じて歩合制で増えていくといった制度のお店もあります。
美容室には、その働くお店や美容室求人などによって給与の体制が変わります。その中でもよく聞くのが「固定給」と「歩合給」です。この2種類は給与の額はもちろん、働き方についても大きく影響してくるので、自分の理想の働き方や生活リズムに合った給料体系を選ぶことがなによりも大事です。

今回は美容師の「歩合制」の給与事情について、くわしくご紹介いたします!

「歩合制」とは?

ulugu
業績に左右されない固定給に対し、「業績や売り上げによって変動する給料体系」のことを歩合制といいます。営業・販売・美容業界などによくみられる体制で、業績の良い時にはそれだけ給料に反映されますが、売り上げが悪化してしまうと固定給以下の賃金になってしまうというリスクがあります。

美容師の技術やセンスで業績が大きく変わる美容室では多くのお店で歩合制を導入しており、固定客やお客様から指名をもらったスタッフにはインセンティブで給与に加算したりするところもあります。

「完全歩合制」と「歩合制」の違い

固定と歩合に分かれている美容師の給料体系ですが、「歩合制」といってもさらに2種類に分けられます。

≪完全歩合制≫

これは、名前の通り、「歩合で得た金額のみ雇用者に支払われる」制度です。美容室で専属スタッフとして雇われているところも稀にありますが、フリーランスのような個人事業者のパターンがほとんどです。

≪固定+歩合制≫

「売上げが全て」の完全歩合制と違って比較的安定しているケースがこの制度。毎月の固定給に業績などに応じて歩合給がプラスされる給与体制で、固定給と歩合の良さを合わせたような良い制度ですが、この場合、この場合の固定給は金額が低めに設定されていることが多く、歩合をプラスしてやっと通常の固定給の金額になる、といったこともあります。

業績が右肩上がりのときは良い歩合制でも、少なからずリスクはあります。先々のことをしっかりと考えて給与体系を選びましょう。
美容師求人なら美ジョブナビ
■美容師・美容室 求人 サイト【美ジョブナビ】http://tayarec.com/